たるみやシワ

プラセンタで更年期障害を対応

女性の体は、女性ホルモンの増加や減少によって大きく変化します。
思春期や妊娠出産、閉経などホルモンバランスが崩れやすくなります。
ホルモンバランスが崩れてしまうと、精神的にも肉体的にも様々な影響を与えてしまいます。

中でも一番長期間にわたってホルモンバランスが崩れやすいのが閉経がおきる更年期障害です。
人によって症状は全く異なりますが、ひどい場合外出することすら難しく感じる人もいます。
更年期障害は閉経の前後5年ぐらいをさし、10年間ほど悩まされる症状です。

女性ホルモンは卵巣が活発に機能することで分泌されます。
しかし更年期障害になると卵巣の機能がほとんど働かなくなるため、女性ホルモンが一気に減少してしまいます。
すると疲労感や発汗、吐き気、めまい、息切れ、睡眠障害、頭痛、うつ病などの症状を生み出してしまいます。

そこで更年期障害の症状の改善に効果があるのプラセンタです。
プラセンタは実際に更年期障害の治療法の一つとして注射で摂取することができます。
医療行為で認められているものなので、効果も期待できます。
プラセンタには種類があるので、自分に合うものを見つけてみましょう。

プラセンタはホルモンバランスを整えることができます。
そのため女性ホルモンが減少して起こる更年期障害には適しています。
また自律神経の乱れにも効果があるので、精神的に不安定な症状にも効果があります。
プラセンタは更年期障害の様々な症状に適応された成分だといえます。
また女性必見妊娠中のプラセンタの服用についても参考にご覧ください。


このページの先頭へ