たるみやシワ

プラセンタに含まれる成分の品質比較

プラセンタも、手軽に摂取できるものから医療機関でなければ摂取できないものまで幅広くあります。
プラセンタというとどれも同じと思いがちですが、実は原材料に応じて成分や品質に大きな違いがあります。

そこでそれぞれどのような品質の違いがあるのでしょうか。
まずプラセンタには、ヒトプラセンタ、豚プラセンタ、馬プラセンタが主になります。
日本では医療機関でしか摂取することができません。
ほとんどの場合は、自由診療になるため高額になることが多いです。

それに対して豚や馬は主にサプリメントに使用されることが多いです。
豚は一度の出産で数頭産みます。
そのため胎盤が薄くなり栄養素が低くなるため、安価に手に入りやすいのが特徴です。
また豚の方が母体の数も多いので、数多くやすく手に入ります。

それに対して馬は一度の出産で一頭しか生むことができません。
なので胎盤が厚く栄養素もしっかり栄養素も残っています。
豚に比べると、アミノ酸の含有量が200倍以上なためより栄養素が豊富になります。
馬の中でもサラブレットのプラセンタは貴重価値があり高額になります。
また衛生面においても馬が一番安全性が高いといわれています。

このように馬や豚から摂れるプランセンタはさらに快適な環境を提供してくれるのです。
また、プラセンタ注射についても参考にご覧ください。

このページの先頭へ