たるみやシワ

アトピー性皮膚炎に効果的なプラセンタ

アトピー性皮膚炎は、アレルギー性、肌質の遺伝、気候、ストレス、発汗、疲労などが原因で起きてしまう皮膚の病気です。
かゆみが定期的に続き、湿疹などが繰り返し発症してしまいます。
かゆみに耐えられず引っ掻いたりすることで、肌にダメージを与えてしまい症状が悪化してしまう場合が多いです。

主にステロイドを塗るといった治療法やかゆみを抑える飲み薬が多く、人によってはなかなか効果がえられない場合もあります。
アトピー性皮膚炎を繰り返してしまう人の場合、ストレスや体調の変化などによっておきやすいのが特徴です。
体の体質やホルモンバランスなどをしっかり調整することで、アレルギー症状を改善することができます。

様々な有効成分がある中で、今注目されているのがプラセンタです。
プラセンタは日本語で胎盤を意味する言葉です。
動物は出産で多くの体力を消耗し、産後の回復を早めるために自分の胎盤を食べる習慣があります。
プラセンタには、自然治癒力が強い事が特徴です。

アトピー性皮膚炎のように炎症でダメージを受けている肌にプラセンタの栄養素
を与えることで症状緩和につながります。
プラセンタには、アレルギーを抑制させる抗アレルギー作用があります。
また炎症を抑制させる抗炎症作用があり、かゆみを抑えてくれます。

またプラセンタには、細胞分裂を活性化させる効果があります。
なので、ダメージを受けた細胞を早く回復させることにつながります。


このページの先頭へ